呼びかけ文

共謀罪新設 賛成?反対?全国投票呼びかけ文 

 政府は過去三回、廃案となった共謀罪法案をいまの国会に提出しようとしています。今回は「テロ等準備罪法案」と呼び名を変えていますが、犯行が実行されなくても、共謀したという理由だけで処罰できる共謀罪の本質は何ら変わっていません。

安倍首相は国際組織的犯罪防止法締結のために必要であり、同法案が通らなければオリンピックが開催できないと言っていますが、多くの法学者や日本弁護士連合会は現行の法制度で十分、締結が可能としています。

日本の法制度は、もともと「予備罪」や「準備罪」を他国以上に広く処罰してきた経緯があります。そのうえ、さらに共謀罪を新設することは、共謀の疑いを理由に早期からの捜査を可能にし、警察の捜査権限が飛躍的に強化されるため、憲法が保障する思想・良心の自由、表現の自由を危うくするものと多くの刑法学者、日本弁護士連合会は強く反対しています。

国民は共謀罪新設をどのように考えているでしょうか。このことを市民の手で調べるために 共謀罪新設の賛否を問う街頭シール投票を全国各地で行います。実施期間は2月14日(火)~4月20日(木)です。全国の投票結果は安倍首相をはじめ、すべての国会議員に届けます。

 共謀罪に関心をお持ちの全国の多くのみなさんの参加を呼びかけます。

 2017年2月18日

呼びかけ人

 青木 護   弁護士
 足立昌勝   関東学院大学名誉教授
 安斎育郎   立命館大学名誉教授、安斎科学・平和事務所所長
 池住義憲   元立教大学特任教授

 内田博文   神戸学院大学教授、九州大学名誉教授
 川口 創   弁護士
 木村忠彦   千葉大学名誉教授

 清水雅彦   日本体育大学教授
 寺尾光身   名古屋工業大学名誉教授
 豊島耕一   佐賀大学名誉教授
 永嶋靖久   弁護士
 中谷雄二   弁護士
 西村正治   弁護士
 野田隆三郎  岡山大学名誉教授
 福田雅章   一橋大学名誉教授 
 


 


by kbzai | 2017-02-12 20:46 | Comments(0)