実施要領

1 投票ボードについて
(1)
 90cm×130cmほどの発砲スチロール板、または(未使用)ダンボールに紙(白、または色紙)を貼って作ってください。これで約400票投票可能です。いずれもホームセンターで売っています。色紙は百均、またはホームセンターで売っています。以下のページの秘密保護法投票(2013年)のHPに全国各地でのいろいろな投票ボードが掲載されていますので参考にしてください。
(2)
 投票ボードの上部に以下のように書いてください。

        共謀罪新設に
    賛成  わからない  反対

  ( 4  :  1 :   4  )  スペース比

文字は大きな字で明確に書いてください。守る、わからない、変える、の文字の下のボードにシールを貼ってもらいます。文字はこのHPの以下のページからダウンロードすることも可能です。

2 投票の仕方について
 投票ボードを人通りの多い所に設置し、投票ボードの前を通りかかる人に 丸いシールを渡して投票を呼びかけてください。「シールを貼るだけですか ら」と言ってシールを渡せば、多くの人が「賛成」「反対」「わからない」のいずれかの箇所にシールを貼ってくれます。シールは台紙に貼ったもの(直径18mmくらい)を文房具店で買ってください。シールの裏は粘着性があるので、台紙からはがして渡せば、そのまま投票ボードに貼ることができます。
 可能であればハンドマイクで投票を呼びかけてください。

3 補助掲示、チラシについて
 投票を呼びかけるチラシをこのHPにアップしています。共謀罪を知らない人が多いので、投票してくださる方に渡してください。できれば、共謀罪を説明した補助ボードを投票ボードのそばに置いてください。説明文全文をこのHPにA4、4枚に掲載していますのでA3、4枚に拡大して張り合わせてください。

4 実施主体について
 実施主催者名は、実施してくださる個人・団体にお任せしますが、投票の際は、投票の公正さを保つために、賛否の明確なのぼり旗などの掲示や、共謀罪に対する賛成・反対の宣伝などはお控えください。

by kbzai | 2017-02-12 14:37 | Comments(0)